バリューチェーン分析とは

バリューチェーンとは、原材料の調達から製品・サービスが顧客に届くまでの企業活動を、一連の価値(Value)の連鎖(Chain)として捉える考え方です。バリュー・チェーンという言葉が示すとおり、購買した原材料等に対して、各プロセスにて価値(バリュー)を付加していくことが企業の主活動であるというコンセプトに基づいたものです。

価値連鎖と訳されますが、わかりやすく言えば利益が生まれるまでの業務活動の連鎖のことです。
ハーバード大学の経営学者 マイケル・E・ポーターにより提唱されました。

主活動は購買物流 (inbound logistics)、オペレーション(製造)、出荷物流 (outbound logistics)、マーケティング・販売、サービスからなり、支援活動は企業インフラ、人材資源管理、技術開発、調達から構成されます。

(売上)-(主活動および支援活動のコスト)=利益(マージン)であるため、下図のようにバリュー・チェーンの最下流にマージンと記載されます。

 

バリューチェーン分析はどの部分(機能)で付加価値が生み出されているか、競合と比較してどの部分に強み・弱みがあるかを分析し、主活動の構成要素の効率を上げるか競合他社との差別化を図ることで企業の競争優位を確立させることを目的に内部環境分析の際に使用します。この分析結果は、SWOT分析などの経営戦略策定のためのインプットとして利用していきます。

なお、バリューチェーンが企業の競争優位性をもたらす理由は、企業内部のさまざまな活動を相互に結びつけることで、市場ニーズに柔軟に対応することが可能になり、結果として顧客に価値がもたらされることに求められます。つまり、コストリーダーシップ戦略をとるにせよ、差別化戦略をとるにせよ単にそれを引き出す為の個々のシステムを独立して構築するのではなく、それらを上手く連結させ「果たして企業全体としてこれらの戦略が実際に達成できるのか?」を考える必要があります。

バリューチェーンを用いて業界分析をすることで、業界や市場ごとに競争を有利に運ぶポイントが異なることが分かり、業界のKSF(Key Success Factor:重要成功要因)を発見する時に有効です。

バリューチェーンの種類

上図の分類はあくまで一例で、業種によってバリューチェーンに出てくる活動内容は変わってきます。また、バリューチェーン分析は主たる活動を漏れなく網羅できていればよいので、分割の仕方に厳密な決まりはありません。

分類において重要なのは厳密性ではなく、企業の多彩な活動に着目し、それらの役割、かかるコスト、全体としての事業前略への貢献度を明らかにすることです。

 

バリューチェーン分析の進め方

1.自社の置かれている業界・業種に即したバリューチェーンを作成する
バリューチェーン分析をするには、まずそのビジネスの鍵となるステップを特定します。
キーステップの中でも、差別化要素の大きいステップや、その活動にかかるコストが大きいステップなどの重要な要素はさらにそのプロセスを分解していきます。

3.自社と競合でそれぞれの強みと弱みを分析する
要素をある程度切り分けることができたら、それぞれの要素で自社と競合でどのような違いがあるのか?それは業界のKSFと合致したものか?などを分析します。

こうしたバリューチェーンのどこに大きな付加価値をつけるかによって、企業のコスト構造は大きく変わってきます。

バリューシステム分析-業界構造の分析手法-

バリューチェーンは、自社だけでなく、「原材料メーカー ⇒ 製造メーカー ⇒ 流通業者 ⇒ 販売業者 ⇒ 顧客」というように、業界の川上から川下まで含めた見方をする際にも活用できます。(これを一般的に事業連鎖と言います。また、バリューチェーンを生みの親、マイケル・ポーターは、これをバリューシステムと呼んでいます)

バリューシステムの分析方法としては、各レイヤーにおけるプレーヤーの数と利益率を分析し、構造的に儲かる業界なのかどうかを確認するとともに、ここから各レイヤーがどのように動こうとしているかを分析したりしていきます。これにより自社業界のレイヤーで起こることを予想することもできます。