PEST分析とは

PEST分析とは、主に経営戦略や海外戦略等の策定、マーケティングを行う際に使用し、自社を取り巻くマクロ環境(外部環境)が、現在または将来にどのような影響を与えるか、把握・予測するためのもの手法です。Politics(政治)、E= Economy(経済)、S=Society(社会)、T=Technology(技術)という4つの視点から分析することから、それぞれの頭文字をとり「PEST」と言います。

経営学者でマーケティングの第一人者である、ノースウェスタン大学ケロッグビジネススクールの教授、フィリップ・コトラー氏が提唱しました。

PESTの要素の詳細

【P:政治】 Politics

政治方針、各種法律(消費者保護、個人情報保護、独占禁止等)、各種規制、等

法律や規制、税制などは国や地方自治体レベルの決定事項が企業に及ぼす影響。具体的には、法律改正・政権交代・外交・裁判制度・判例など。企業の力は及ばないが、企業活動に多大な影響を与えるという特徴を持っています。
企業は法律や税制の改正動向を注視し、新たな法律が施行された場合は、市場に対して・自社に対してどのような影響を与えるのかを事前にシミュレーションしておく必要があります。特に海外進出などを検討する際に特に重要な要素とも言えます。
政治・法律的環境要因は企業では制御できない前提条件なのです

【E:経済】 Economy

景気、株価、金利、外国為替、原油価格、貯蓄率、等

具体的には、GDP成長率の増減や消費の動向・失業率・日銀短観・株価・金利・為替レートの変動・鉱工業指数などが企業に及ぼす影響
輸出入に関わりのない企業でも、何かサービスを生み出すにあたり、モノ(食品・機材・資材・燃料など)を購入してサービスは成り立ちます。モノの購入においても景気動向の影響を受け原価は変化します。
そのため、経済的環境要因の定義は幅広いものといえます。

【S:社会】 Society

総人口、年齢構成、価値観、社会規範、宗教、教育レベル、ライフスタイル、等

社会環境や消費者のライフスタイルの変化が企業に及ぼす影響。具体的には、文化の変遷・人口動態・教育・宗教・世間の関心など。
社会は人や文化が相互に結びついて形成されるため変化し続けます。
事業は社会の現状を理解し、さらに先を予想し準備する必要があります。

【T:技術】 Technology

インターネット、エレクトロニクス、バイオ、ナノテクノロジー、エコ対応、等

技術革新によって、製造工程・製品技術や広告手法などが変化し企業に及ぼす影響
技術的環境要因の分析では、最新の技術に対して下記のよう考える必要があります。
まず、「自社のビジネスにどのように取り込むことができるのか」。
また、「自社のビジネスに対する顧客が望んでいる技術はどのようなものなのか」。
そして、「取り込んだ場合、どのような影響があるのか、そして今後どのように運用していくのか」。
最新技術の調査・想定・分析・テストして自社のマーケティング戦略に組み込んでいく必要がある。技術的環境要因の定義は、経済的環境要因と同様に幅広いものといえます。

PEST分析のポイント

PEST分析は非常にマクロな視点での分析手法となります。そのため、戦略策定の際にはじめからPEST分析を行うとつまずいたり、膨大な時間を要してしまうことが多々有ります。
よって、PEST分析は必ず仮説を持った上で行う必要があります。

他のフレームワーク分析(3C分析SWOT分析、4Pなど)から洗い出された様々な事実の重み付けをする際や想定外のリスクが潜んでいないかを確認するために利用すると良いでしょう。

通常PEST分析を使う目的は、ある企業の外部環境を分析するためです。したがって、重要なのはマクロな要因を詳細に分析することではなく、マクロな要因が分析する企業にどのように影響してくるのか(ポジティブなのか、ネガティブなのか)把握することになります。