経営戦略とは、企業(事業)を成功に導くために何をどのように行うかを示したものです。
また、経営戦略は以下のように分類することができます。

  • 事業戦略全社戦略
    • 企業が複数の事業を保有していたり、複数地域で事業を展開していたりする場合、戦略を策定・実行するレベルに従って区別されます。ただし、企業が一事業のみで操業している場合、区別がなされない場合もあります。
      • 個々の事業単位でどのように優位性を構築・維持するかに関わる戦略を、事業戦略または競争戦略と呼びます。
      • 事業の取捨選択や複数事業間における資源配分など、企業全体・企業グループ全体に関わる企業戦略を、全社戦略と呼びます。
  • 機能別戦略
    • それぞれの機能(生産、マーケティング、財務、人事など)ごとに戦略が策定することを機能別戦略と呼びます。
      • マーケティング戦略、財務戦略、人事戦略、営業戦略
  • その他の戦略
    • ある特定の目的や方針を実現するための方針や計画を、戦略と言い表すこともあります。
      • 成長戦略、顧客獲得戦略、知的財産戦略 、IT戦略、技術戦略

そして、経営戦略は一般的に以下のようなプロセスで構成されます。PDCAサイクルと呼ばれることもあります。

  1. 戦略の策定
    1. 自社や競合相手の内的要因(能力や資源など)、自社や競合相手を取り巻く外的要因を分析・評価します。
    2. 上の評価に基づいて、目標を設定します。目標は、レベルに応じて長期的なものから短期的なものまでありえます。
    3. それらの目標を達成するために必要な計画や手段を定める、戦略を策定します。
  2. 戦略の実行
    1. 戦略の実行に必要な資源を配分します。
    2. 命令系統(階層構造)もしくはそれに代わる何らかの構造(例えばプロジェクト・チーム)を確立します。
    3. 権限と責任を組織内のグループやメンバーに割り当てます。
    4. プロセス遂行を管理する。必要に応じて追加的に資源を配分したり、プロセスを変更したりしていきます。
  3. 戦略の評価
    1. バランスト・スコアカードやSWOT分析などを通じて、戦略の有効性(合理性、実行可能性、正当性など)を評価します。
    2. 戦略が有効でないか、状況の変化などが生じた場合には、必要に応じて戦略を変更・再策定します。

ここまでが簡単な経営戦略についての説明になります。