5Force(ファイブフォース)分析とは

5Forceとは、競争環境を分析するためのフレームワークです。

市場における競争状況は既存業者間の競争だけで左右されるものではなく買い手(顧客)の交渉力、売り手(仕入先)の交渉力、代替品の脅威および新規参入の脅威も競争に影響を与える要因になるという考え方です。これらの競争要因別に競争相手および競争基準を明確にするのが5Force分析です。

アメリカの経営学者であるマイケル・ポーター博士が提唱した考え方です。

自社を中心として、以下の図のような力関係が働くことに注目しています。


新規参入


仕入先→

競合

←顧客


代替品

5つの競争要因は具体的には以下のような内容を指します。

5つの競争要因 内容
同業者間の競争 自社と競合他社との競争。競争が激しくなる業界の特徴は以下のとおり。「同業者が多い」「成長の速度が遅い」「高コスト構造」「差別化しにくい」「生産能力の拡大が容易」「戦略のバラエティが豊富」「戦略と成果の因果関係が大きい」「撤退コストが大きい」
買い手(顧客)の交渉力 自社と顧客の競争。供給過剰などで買い手の交渉力が強まると、値下げ圧力などで自社の利益を圧迫することが起こる。
売り手(仕入先)の交渉力 自社と仕入先の競争。供給者の交渉力が強まると、インテルとパソコンメーカーの関係のように供給者が自社の利益を奪っていくことが起こる。
代替品の脅威 自社製品と代替品の競争。自社の製品・サービスが、ユーザーのニーズを満たす異なる製品・サービスにとって代わられてしまう脅威。
新規参入の脅威
参入障壁が低く、また既存業者の力が弱い場合は、新規参入が容易で競争が激しくなる。

自社を取り巻くそれぞれの競争要因から、自社が注意すべき脅威や自社にとって優位な機会を洗い出していきます。5Force分析で洗い出した外部環境はSWOT分析などに用いて自社の戦略策定につなげていきます。