営業代行サービスのメリット・デメリット

メリット

コスト面では、営業人員の採用活動が不要となるため、採用コスト削減効果や採用までの時間の削減効果が期待できます。このため、繁忙期のみ営業代行を利用することで、営業人員の人件費を必要最低限に抑えることが可能となります営業代行会社に依頼した場合にはセールスパーソンの入れ替えを要請できるため、人材のミスマッチを防ぐといったメリットもあります。

また、営業ノウハウを得られる点も大きなメリットとなります。商品やサービスを販売する中で「得られた知識」や「反応の良い業種」「成約に繋がりやすい営業トーク」「商品やサービスの改善点」など営業活動に必要なノウハウを提供してもらうことができます。提供されたノウハウを基に営業スタッフを雇用・教育することで貴社内で強力な営業チームを0から構築するよりも効率的に育てることが可能になります。「売れる仕組み」を確立することで、既存の営業スタッフの方が実施しても同じ成果を出せる仕組み・ノウハウを構築します。

デメリット

営業代行会社へ商品やサービスの販売を依頼する場合、良くも悪くも営業代行害者の営業力に依存してしまいます。営業力のある代行会社へ依頼すれば大きな成果が期待できますが、そうでなかった場合、費用だけ発生し成果が期待できない場合があります。また、営業代行会社サイドの事業縮小などがあった場合に大きな影響が出てしまう可能性もあります。

自社の機密情報に近い情報を共有することで発生するリスク機密情報の流用・乱用に気を付けなければなりません。営業代行会社には常駐型・非常駐型があり、多くの場合、非常駐型であるため、リアルタイムでの情報共有に限界があります。さらに、営業代行は派遣契約ではないので、直接的な指示・命令を行うことができず、正規雇用メンバーと比較するとコミュニケーションが希薄となるというデメリットがありますので、要望や注文を企業間で密に行える契約としておくとよいでしょう。
どこと付き合えば長い付き合いができるのか?お互いにWINWINになれるのか慎重に見比べた方がよいと言えます。コストとの釣り合いを考え徹底的に話し合った上で依頼をして、自社のニーズに合った会社を選ぶことが必要となります。