営業代行を初めて利用する場合には、サービスを実際に導入するまでの流れが分からないのではないでしょうか。
ここでは、営業代行を利用する際の流れについてご紹介しましょう。

要件や目的を明確に!

まず、営業代行を利用する目的をはっきりさせましょう。
営業代行を利用する場合、事前に行っておく必要があることは、営業代行をどうして利用するか、どのようなことを営業代行を利用して得たいか、というような要件・目的についてはっきりさせることです。
営業代行は非常に請負できる範囲が広く、クライアントの要件や目的で営業代行の範囲が決定し、コストも最終的に違ってきます。
そのため、要件や目的をまずはっきりさせることからスタートしましょう。

営業代行業者との打ち合わせ

次に、コンタクトを営業代行業者へ取ります。
営業代行を利用する前には、必ず打ち合わせを営業代行業者と行います。
どのような営業代行を行っているかだけでなく、担当する営業マンの性格などをチェックすると、どの程度のレベルの営業代行業者かということも分かってきます。
次に、ヒアリングを営業代行業者から受けます。
一般的に、アポイントを営業代行業者に取ってから、打ち合わせを営業マンと対面で行います。
この打ち合せの際に、営業代行業者はサービスの説明や会社の紹介を行います。
この際、営業代行業者から自社としてどのようなことを希望しているか、自社のサービスや商品の特徴、得たい売り上げやアポイント数の目安など、ヒアリングをいろいろ受けるようになります。
ヒアリングを営業代行業者から受ける場合に、受け答えがスムーズにできるように、準備を事前にしておきましょう。

代行業者との契約

次に、十分に比べて検討してから、正式に契約を行います。
この段階においては、打ち合わせを営業代行業者のいくつかと行って、営業代行についてある程度把握することができると同時に、それぞれの営業代行業者の特徴やだいたいの費用の目安を掴むことができるでしょう。
この段階において、営業代行を利用するために正式に契約を行うようになります。
営業代行業者を失敗なく選択するために、検討する場合に注意することや、契約する際に確認しておくことについては、ネットなどで紹介されているため参考にしましょう。

成果報告

最後に、営業代行業者から成果の報告があります。
営業代行業者が営業活動を実際に行った後、成果が営業代行業者から報告されます。
アクションを成果に対して起こすと同時に、戦略の見直しなどを営業代行業者で実施することがあります。