成果報酬型SEO対策とは

外部リンクによるSEO対策サービスには主に成果報酬型と固定報酬型の2つの料金体系が存在します。

固定報酬型とは成果に関係なく月額固定でSEO対策費用を支払うサービスです。対策会社によって初期費用を取る場合と取らない場合があります

成果報酬型とは、あるキーワードに対して、上位表示されるまでコストがかからず、上位表示された日数の分だけ費用が発生する、という料金体系のSEOサービスのことです。主にキーワードごとに料金が異なり難易度の高いキーワードほど対策料金が高くなります。対策会社によっては初期費用を取る場合もありますし、初期費用がかからない完全成果報酬型の場合もあります

成果報酬型SEO対策の種類

成果報酬型には、初期費用の有り無しだけでなく、成果報酬の対象となる順位、成果は日割り計算なのかどうか、月額の最低利用料があるかなど、成果報酬には複数の種類があります。以下の例を参考にしながら、見てみましょう。

A社

初期費用 0円  ・キーワード料金 1万円/月から(キーワードの難易度に応じて、料金変動)

備考

月間15日以上の掲載効果が上がらなければ、成果報酬費用なし・保証金として、成果報酬月額の2か月分を最初に請求

B社

初期費用0円

・キーワード料金 1キーワード当たりの料金

種類 成果1 成果2 成果3
内容 yahoo またはgoogle で20位以内に20日以上ランクされた場合 yahoo またはgoogle で10位以内に20日以上ランクされた場合 yahoo またはgoogle で5位以内に20日以上ランクされた場合
料金 3,800円 7,800円 9,800円

備考

・21位以上は成果報酬無し

C社

初期費用5,200円 ・キーワード料金 10,500円/月~(キーワードの難易度に応じて、料金変動)

備考

・SEOノウハウを担当会社に指導

D社

・初期費用0円 ・キーワード料金 日額料金

料金 内容
¥800~ 「地域」+単語などで競争力弱い複合キーワード

(例:港区+接骨院)

¥1000~ 「主要都市」+「単語」 競争力の弱い「単語」

(例:大阪+接骨院)

¥3000~ 競争力のある単一キーワード及び、競争力のある複合キーワード

備考

・申し込み日から12か月を経過した日と、対策キーワードが10位以内に上昇した日から12か月を経過した日のうち、いずれか遅い日までの契約。

 

4社を見比べると分かるように、会社によって料金体系はさまざまです。

A社は初期費用が無料で、キーワード料金が1万円/月~という完全報酬型のパターンです。15日間の保障がついているところが他のところと違うところです。

B社は成果ごとに料金が異なるというパターンです。この会社の注意すべきところは、1キーワードごとの料金だということです。多くの事業者では1つのキーワードのみの受注は行わず、周辺の掛けあわせキーワードなどを合わせて受注して、なるべく最低限は報酬が発生する条件を保ちます。そのため、キーワードすべてが検索ランク上位に来ると、多額の報酬を払わなければいけないこともあるので注意が必要です。

C社は初期費用が掛かってしまう分、SEO対策のノウハウを指導してくれるのがメリットといえるでしょう。

D社は、難易度によって大きく料金が異なり、また契約期間が1年となっています。これにより、ほかの会社に乗り換えることがしづらくなるという可能性もあります。

各会社の特徴をしっかりと見定め、自分たちの要望やキーワード難易度に見合ったSEO対策会社にサービスを依頼することが重要です。