マーケティングとは、「顧客が求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動」です。
もう少し簡単に言うと、「売れる仕組みづくり」と表現できます。

売れる
商品・サービスが「売れる」ためには、顧客のニーズを知り、ニーズを満たす商品をつくり、顧客がその商品の存在を知り、特徴を理解し、手に入る場所に商品が置かれ、入手できる適切な価格で提供されている必要があります。これらの一連のプロセスが「売れる」という言葉に集約しています。
仕組み
これら顧客を意識した一連のプロセスは、企業内で意識して統合・調整しないと成し得ないため、「仕組み」と表現します。そして、マーケティング意識がまだ十分に醸成していない組織のためには、しばしば「売れる仕組みづくり」と組織の変容を促す表現で使用します。

経営学者のピーター・ドラッカーはマーケティングの究極的な目的を「セリング(単純なる販売活動)をなくすことである」と述べています。