リスティング広告とは

キーワード広告(リスティング広告)とは、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンにユーザーがキーワードを入力して検索すると、そのキーワードに対応した広告が表示される広告手法のことです。検索連動型広告とも言います。

ユーザーは、検索したキーワードに関する情報を欲しています。さらにそのユーザーの1%が今すぐ購買するとしたら、その1%の今すぐ客を獲得するために最も有効な手が「リスティング広告」です。
リスティング広告はキーワード単位で広告出稿ができるため、検索キーワードに含まれるユーザーの興味・関心にターゲティングすることができます。
そのキーワードで検索するユーザーのニーズとは何かを考察した上でリスティング広告を出稿すれば、顧客獲得に繋がるでしょう。

Yahoo!検索結果 リスティング広告とSEO

リスティング広告が掲載される媒体は、Yahoo!の「Yahoo!プロモーション広告」とGoogleの「GoogleAdWords」の主に2つです。
まずはこの2つの媒体を押さえておけば充分です。

◆Yahoo!プロモーション広告

Yahoo! JAPANをはじめとした検索エンジンの検索結果ページに表示されます。
国内No.1のページビューを誇り、国内の検索エンジンの6割近くを占めます。

◆GoogleAdWords

Googleをはじめとした検索エンジンの検索結果ページに表示されます。
利用者数は世界NO.1、国内ではYahoo!に続き第2位です。
国内の検索エンジンの3割近くを占めます。

連動の仕方で2つの分類

総称はリスティング広告と呼ばれていますが、何に対して広告が連動しているかで2つに分類されます。

①検索連動型広告

検索連動型広告とは、その名のとおり、ユーザーが検索エンジン(Yahoo!やGoogleなど)で、あるキーワードで検索した際に、そのワードに連動して表示される広告のことです。

①キーワード:広告表示をしたいユーザーが、検索するであろうキーワードを用意
②広告:アピールポイント。他社サービスとの違いを訴求し、ユーザーの目を惹くものを用意
③訪問させたいページ:ユーザーが欲している情報に最も近いWebページを用意

「キーワード」「広告」「訪問させたいページ」を用意し、専用の広告管理ツールで登録します。広告を配信する媒体審査(目安5営業日以内)が完了したら、いよいよ広告配信です。
GoogleやYahoo!JAPANといった大手検索エンジンにテキスト広告で広告掲載ができます。代表的なサービスはGoogle AdWordsとYahoo!プロモーション広告の2つ。これらを実施することで提携パートナーサイトの検索結果にも広告が掲載されるようになります。

②コンテンツ連動型広告

検索サイト以外のニュースサイトやブログなどに、サイトの内容やユーザーの興味などと連動して広告を掲載でき、クリックされると費用が発生する広告です。

Googleアドワーズではディスプレイネットワーク、Yahoo!プロモーション広告ではYDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)と呼ばれます。

コンテンツ連動型広告は検索連動型広告と違い、準備がちょっと大変です。ターゲットにしたいユーザーに対して具体的に訴求したい内容を考える必要があります。

①誰に対して:何をしている、どういったユーザーに対して広告表示をしたいか
②手法:配信面orユーザーに対して広告表示をしたいか 【図1】参照
③広告:アピールポイント。他社サービスとの違いを訴求し、ユーザーの目を惹くものを用意したか
④訪問させたいページ:ユーザーが欲している情報に最も近いor啓蒙できるWebページを用意したか

このように想像を働かせターゲットを定めた後に、実際の広告配信の設定に入ります。

Yahoo!Japan各面(ニュースや知恵袋等)やYouTube等の動画サイト、Ameba・livedoorが運営するブログサービスに広告が掲載されるようになります。