リスティング広告とは

キーワード広告(リスティング広告)とは、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンにユーザーがキーワードを入力して検索すると、そのキーワードに対応した広告が表示される広告手法のことです。検索連動型広告とも言います。

ユーザーは、検索したキーワードに関する情報を欲しています。さらにそのユーザーの1%が今すぐ購買するとしたら、その1%の今すぐ客を獲得するために最も有効な手が「リスティング広告」です。
リスティング広告はキーワード単位で広告出稿ができるため、検索キーワードに含まれるユーザーの興味・関心にターゲティングすることができます。
そのキーワードで検索するユーザーのニーズとは何かを考察した上でリスティング広告を出稿すれば、顧客獲得に繋がるでしょう。

Yahoo!検索結果 リスティング広告とSEO

リスティング広告が掲載される媒体は、Yahoo!の「Yahoo!プロモーション広告」とGoogleの「GoogleAdWords」の主に2つです。
まずはこの2つの媒体を押さえておけば充分です。

◆Yahoo!プロモーション広告

Yahoo! JAPANをはじめとした検索エンジンの検索結果ページに表示されます。
国内No.1のページビューを誇り、国内の検索エンジンの6割近くを占めます。

◆GoogleAdWords

Googleをはじめとした検索エンジンの検索結果ページに表示されます。
利用者数は世界NO.1、国内ではYahoo!に続き第2位です。
国内の検索エンジンの3割近くを占めます。

リスティング広告代行のメリットとは

リスティング広告を使えば、SEO対策だけでは集めきれないユーザーをすぐに呼び込むことができますが、1つだけ問題があります。

それは、リスティング広告を運用するための設定管理画面が非常に複雑で、パソコンが得意でない方には使いこなすのが難しいということです。自社で広告を運営しても正しい運用をしているかわからず、売上や問い合わせにつながらないということも多いようです

そんな時に、リスティング広告を代行するという方法があります。

代行会社ではランディングページの制作だけでなく、リスティング広告の設定・運用・管理などを代行しています。
設定するキーワードや広告文等を1から考える必要がなく、経験や豊富なデータに基づき、最適なものを提供してもらえるのです。

まとめると、以下のような人にはリスティング広告代行がおすすめです。

・ウェブサイトはあるが、サイト訪問者が少ない。訪問者を増やしたい。
・新しく出店し、ホームページもできた。できるだけ早く新規顧客を集客したい。
・自分でリスティング広告もやってきたが、誰かに任せて、自分は本業に力を入れたい。

リスティング広告代行の費用とは、成果報酬っていくら?

一にも二にもコストの管理。これが最重要です。

広告コスト以上の集客成果をあげること、あたり前のようですが、これがリスティング広告のコスト管理の鉄則です。また、このようなパフォーマンスが見込めるのがリスティング広告の利点です。

では、リスティング代行の費用の相場はいくらなのでしょうか?

代行会社の料金体系例は以下のようになっています。

パターン①

初期費用¥0+成果報酬 広告費の20%

(成果は業種により異なる ex. 保険会社:資料請求、ECサイト:購入)

パターン ②

初期費用¥0 +成果報酬 営業利益の30% or 資料請求に対する完全成果報酬

※他社からの乗り換えのみ受け付け

パターン ③

初期費用 広告費の20%+月額=出稿費+運用管理費(出稿日の20%)

※最低出稿費100,000円(税抜)、最低契約期間1ヶ月

パターン ④

初期費用¥0+運用管理費 初めの3か月:広告費の5%

※4ヶ月目からは、広告費10万円までの場合、月額手数料2万円。広告費20万円までの場合、3万円。広告費20万円以上の場合、広告費の15%。

各業界ごとに成果報酬の相場をまとめると、以下のようになっています。

通販サイト:売上の25~35%
サービス業:売上の30~40%
リスト獲得(メルマガ等):1,500円~3,000円/1リスト
会員獲得(会員制サービス):会費×3~6ヶ月分

上記のように料金体系はさまざまです。

広告費を考える際には、1ヶ月10万円の広告費を使って、100万円の売上げ増があり、20万円の粗利が増えたら、10万円のプラスになります。実際には、新規の顧客獲得が見込めるので、リピーターになれば、その後の利益もプラスになりますので、それも計算に入れます。さらに利益が見込めるなら、広告費を増やすことを検討すると良いでしょう。

売上は広告費を掛ければ掛けるだけ、自動的に上がってくるといわれています。

マーケットサイズは無限ではありませんので、際限なく売上が上がるということはありません。しかし、広告の効率がある程度のラインをクリアすれば、費用対効果を維持しながら広告費で売上を調整することができるようになります。

しかし、「現実的にキャッシュが足りない」、「リスクを考えると広告費をかけるのが怖い」という方には、パターン①や②の完全成果報酬型がおすすめです。

この形式は、代行会社側にとってもリスクを伴うため、経験を積み、自信のある企業がこの方式をとっていると考えられます。

「少ない広告費」、「知識・ノウハウ不足」、「売上に繋がらないホームページ」という3つのネックを全てクリアできるのが完全成功報酬型であるといえます。