高い効果のあるリスティング広告を運営するためにはどうすればいいのでしょうか?
ここでは、リスティング広告を運営するためのコツについてご紹介しましょう。

リスティング広告というのは、一般的なテレビや雑誌等の広告と異なって、広告を運用することが必要になってきます。
率直に言うと、運用の仕方によってリスティング広告の効果は倍以上違ってきます。
上手くない広告費の使用方法の場合には相当効果が薄くなるため、改善を、リスティング広告を運用するプロが行うのみで数値が非常に良くなるケースは数多くあります。
ここでは、基本的なリスティング広告を運営していくうえでのコツをご紹介しますので、参考にしてみてください。

コンバージョン率を調査する

リスティング広告を運営していく場合には、手堅く人気キーワードは表示しましょう。
やはり、キーワードとしては、激しい入札競争のある検索数が最も多いものが売上のメインになることが多くあるようです。
戦略で困ったような場合には、クリックをユーザーがした後購入まで至った数であるコンバージョン率と入札による表示順位の平均の関係性について調査してみてみましょう。
売上が1位の表示順位の場合でも5位の表示順位の場合でも変化が無い場合は、戦法を5位の表示順位にさせ続けるように変更することによって、無駄な出費を抑制することができます。
1位の表示順位にこだわって過剰に入札に参加していると、いくらお金があっても不足してくる恐れがあります。

ポイントとなるロングテール戦略とは

コンバージョン率は、「オフィス家具」というような人気キーワードのものよりも、「オフィス家具 東京」の方が高くなります。
ユーザーが検索する場合の心理状態を考えてみると分かりますが、「オフィス家具」と北海道に住んでいるユーザーが検索した場合でも、例えば東京のオフィス家具屋のホームページの広告が出稿していると表示されます。
北海道に住んでいるユーザーが東京のオフィス家具屋のホームページを閲覧した後に、「検索をオフィス家具ですると、どうして東京の業者が表示されるのだろうか、営業マンに訪問して欲しいので、検索するキーワードを変更しよう」と思うと、戻るボタンをすぐに押すでしょう。
当然ですが、東京のオフィス家具屋の場合でも、買うのは通販でもできるので、注文をそのまま行う場合もあるでしょう。
しかしながら、コンバージョン率ということからみれば、人気キーワードやビッグキーワードは効率が必ずしも良くありません。
例えば、「オフィス家具 激安 机」「オフィス家具 激安 東京」「オフィス 東京 デスク」等というように、いろいろなキーワードを見つけて出稿しましょう。
ポイントとしては、クリック数は多くないため、出稿を大量にすることが必要になります。
お金はクリックされないとかからないため、平均的に200キーワードくらい中小企業の場合でも出稿しているそうです。
検索エンジンの広告は需要を多くするものでなく、需要の一定のものがある中においてそのシェアを競うのみのものです。
きちんとロングテール戦略を行って、平均順位を予算をかけて上げたとしても、検索キーワード需要のその業種のものをいつかは掘り尽くす場合も考えられます。
関連性は薄いが、キーワードの需要を呼び起こすことができそうなものに出稿する場合でも、売上アップになる場合があります。
例えば、オフィス家具を売る場合に、キーワードの「事務所 引越し」「事務所 移転」等というようなものに出稿するのもいいでしょう。