個人や中小企業がホームページを活用してお客様と関係を築いていく例が近年増えてきています。実際にホームページを持つことによってどのようなメリットがあるのでしょうか?そして、デメリットがあったりするのでしょうか?

メリット1: お店や企業の信用力の向上

ホームページでは24時間365日お店や企業の情報をネット上に公開していることになります。きちんとしたホームページを持つことでお客様はお店や企業の情報をきちんと理解することができます。

そのためには商品説明や会社案内にてどのような商品を持つか、どのような企業であるかしっかりと掲載し伝えることが必要です。そうすることで初めてのお客様でもお店や企業の事を把握して、このお店や企業なら大丈夫であろうと考えることがあります。

メリット2: お客様と強いつながりを作れる

会員登録やお問い合わせフォームによりどのような人が興味を持っているかを把握することができます。そして、その人達に向けて、特別にプロモーションを行うことができます。さらに、日々の情報発信によりお客様からより親しみを持たれるようにすることもできます。

自社のホームページ上のブログで日々の業務や従業員の日常を書いていくことでよりお客様とお店や企業の距離感が近くなるでしょう。

さらに、アフターサービスや新しい情報の提供を行うことができるので伝えたい情報をすぐに伝えることができるメリットもあります。ホームページはお客様の悩みを聞く窓口にもなります。

メリット3: 新しい顧客獲得のツール

スマホやパソコンの普及により、全ての人が手軽にインターネットにアクセスできるようになり物事を調べる際の基本行動が検索になりました。

商品名で検索して直接ホームページ上でやりとりが始まったり、これまで他社に流れていたお客様がホームページを通してつながることができたりします。

これまで以上にインターネットを利用した集客が大事になってきていて、自社ホームページはその役割の一端を担うことになります。

メリット4: お金を節約することができる

お客様にモノを売るサービスの際、これまではお客様にカタログを送り、その内容を基にお客様が注文するという流れをとっていたと思います。自社ホームページ内にカタログを付け加えることでカタログの印刷代や輸送費を削減することができます。

これはお客様にとっても無駄な行動の削減にもつながり、メリットになります。さらに、自社ホームページにショッピング機能を付けることで業務の負担を減らすことができます。

メリット5: インターネットは世界中とつながっている

これまでは東京の会社なら東京でプロモーションをかけて販売をしていました。しかし、インターネットの普及とともに全世界に公開されることになり、地域の差なくプロモーションを打てるようになり、これまでは見えてこなかった顧客を見つけ出すことができます。

これはもちろん日本だけではなく、海外に目を向けた商売を行うことができます。

 

デメリット1: セキュリティの問題

セキュリティ対策を考慮していないホームページを作ってしまうと利用ユーザーや自社の情報が流出したりとビジネス上の損害が発生することがあります。このため、自分達がサーバーやインターネットに詳しくない場合は専門家に任せたほうがいいかもしれません。

デメリット2: 情報更新負担の問題

いざホームページを作ってもそのホームページを活用しないと意味がありません。そのためには最新の情報をホームページ上に載せておく必要があります。

インターネットを使った慣れない作業はお店や企業にとって負担になるのでホームページを放置した状態になるかもしれません。

そこで、近年ではCMSといったインターネットから簡単に情報を追加したり、デザインを変更したりするサービスがあります。このサービスでは専門の業者に制作を依頼した後、最新情報を自分達で簡単に更新できるので多くの企業で使われています。

デメリット3: ホームページ内の構成の問題

ホームページを作ってみたけれども人が全然人が来ないことが起こるかもしれません。SEO対策やお問い合わせへつなげる動線の導き方などどのようにすればいいか一朝一夕ではわからないことが多いです。

人が来ない原因は検索された時に検索結果の上の方に来ていないからであったり、そのホームページが見にくいためトップぺージを見てもすぐに

お客様が離れてしまいリピーターがつかないことが原因であったりします。そのような事を考えて対策をうつ必要があります。

 

まとめ

以上メリットとデメリットを述べましたがホームページは他社と差別化を図るための重要なツールでだと考えています。そして、ホームページを持つだけでなく、そのホームページを活用したマーケティング戦略がこれからは必要になってきます。

タダコンでは自社や商品のブランディング、ターゲットからマーケティング戦略を考えてホームページを製作いたします。

さらに、営業、マーケティング、業務改革、コスト削減、財務、投資融資など企業の経営改善に関わる幅広いサービスを行っているからこそホームページを作った後の業務を考えたサービスを提供することができます。

お問い合わせはこちら