ビジネスにおいて、インターネットを活用するのは今や常識となっています。
ブログ、フェイスブック、ツイッターにLINEと新しい媒体がどんどん出現しています。
しかし、そんな中でも、やはり基本となるのはWEBサイト、いわゆるホームページです。
ビジネスとしてホームページを活用する場合、単にビジネスの内容を簡単に記載したパンフレットのようなホームページもよく見かけます。
しかし、それだと成果がなかなか上がらないと思われます。
ビジネス利用の場合は戦略的にホームページを作ることが重要です。ここではホームページ制作のコツについて記載していきます。

コンテンツマーケティングとは

さて、近年、WEB業界でよく使われるようになっている言葉にコンテンツマーケティングと言う言葉があります。
これはインターネットマーケティングの手法の一つと言えますが、従来のように流行があり、移り変わりの早いマーケティング手法の一つと捉えるのは間違いであると考えられます。
コンテンツマーケティングを一言で言えば、「中身で勝負!」と言うことになるでしょう。
ホームページ制作のコツについては、従来より、いろんな角度からそれが述べられています。
昔はかなりグレーな方法も使われていました。
しかし、以前は裏技的なテクニックが重視されていたのに対し、現在はそうした手法は段々と顧みられなくなっています。
むしろ、そうした手法はグーグルなどの検索エンジン側の評価を下げる要因として避けられるようになっています。
つまり、グレーなやり方は淘汰されているのが大きな流れなのです。
こうした流れから考えると、現時点で良いホームページ制作のコツは裏技やテクニックではなく、真っ向勝負で良いホームページを作ることを心がけることだと言えるでしょう。

良いホームページとは

では、良いホームページとは何かというと、それはホームページを見るユーザーにとって見やすく、わかりやすく、ためになり、価値のあると感じられるホームページの事です。
いわゆるユーザビリティという視点が重視されていると考えたら良いでしょう。
この傾向はSEOの最新の動向とマッチしていることは言うまでもありません。
ですから、今後、ホームページ制作に当たっては、いかにユーザー視点で質の高いコンテンツを提供するかに集中したら良いのです。
こうしたホームページ作成は短期的な利益ではなく、長期的な利益に結びつきます。
ですから、ホームページ制作に少々費用が掛かったとしても、長期的な視点から言えば十分にペイされると考えて良いでしょう。
集客と言う点から考えると、短期的に効果を上げるのはやはり広告と言えます。
短期的な視点に立つのであれば、宣伝広告は有効な方法と言えるわけです。
それに対して、質の高いホームページ制作は長期的な視点に立ったものと言えます。
ですから、継続したビジネスを考えている方は、広告を打つだけではなく、ホームページの充実を考えるべきだと言えます。
どうしても、即効性のある広告に目が行きがちですが、経営と言う視点に立つのであれば、短期的視点と共に長期的視点も持っておくべきです。

設計段階で方向性を明確に

そのための手法としてコンテンツマーケティングは意識する価値のある方法です。
ただ、ホームページ制作を依頼する場合、制作する側との間に良いコンテンツとは何かというコンセンサスが無ければ、ちぐはぐな内容のサイトになってしまう可能性もあります。
ですから、ホームページの設計の段階で、コンテンツの中身についてはきちんと方向性を示しておく必要があります。
先ずはターゲット層を明確にし、そのターゲットに刺さるコンテンツはどんなものなのかを決めることが重要です。
そうすることで、ビジネス的な面で成果の上がるホームページが出来ると思います。