株式会社Everentia(本社:東京都豊島区、代表取締役:伊奈守道、以下Everentia)が手掛けるサイト「Japacoco Store」(URL:https://www.japacoco.co.id/ )は、2015年6月24日より日本製品をノーリスクで海外インドネシアへ宣伝と販売ができるサービスが始まりました~成果報酬型の販売プロモーションサービスを開始します。

■Japacoco storeが成果報酬型にこだわった理由
インドネシア人の購入思考として、「皆が持っているものを持ちたい」というニーズが高まっています。そのため、ブームをつくり流行の品を展開することが、インドネシアで販売成功パターンです。

ブーム商品を作るためにも、掲載企業様にはできる限りの負担をなくし、気軽にインドネシアでブームを作るための挑戦をして頂きたいと思い、この度、成果報酬型のサービスを立ち上げました。

(成果報酬型販売プロモーションサービス内容)
現地マーケティング情報をもとに、ブームを起こせる可能性のある商品を徹底スクリーニング
「Japacoco store」への無料商品登録
19万人のユーザーがいるインドネシアで流行中のSNS「Japacoco Indonesia(ジャパココインドネシア)(URL:https://www.facebook.com/japacoco.id)」上などで登録商品を無料プロモーション支援
※現在、モデルを利用した動画プロモーション、記事型広告風のプロモーションを展開予定。
販売が行われたときのみ、販売価格の30%が手数料として発生
※販売が行われなければ、費用は一切発生しません。

(掲載企業のメリット)
掲載企業は商品提供のみ。Everentiaによるトータルサポートで現地展開を進めるため、通常業務への負荷少なくスタート可能
成果報酬なので、ノーリスクでインドネシアへの進出
現地法人を子会社化したことで、法的な問題で日本企業によるECサイト事業の参入が困難である最大のハードルをクリア。高いニーズのある日本製品でダイレクトな訴求が可能。

(インドネシア市場の魅力)
世界第4位の人口と、過去5年間の経済成長率が5~6%という実績
消費意欲の高い若年労働者の所得向上により、マーケットも急激に拡大
世界でも有数の親日国家で、日本製品への関心とニーズの高さが特徴的

■今後の展開
インドネシアは、国際協力銀行(JBIC)が「わが国製造業企業の海外事業展開に関する調査報告-2014年度海外直接投資アンケート調査結果(第26回)-」の公表でも第2位に選ばれるなど日本企業が進出する市場とてとても魅力的な市場です。
しかし、ECサイト事業においては法的な問題より日本企業の参入が非常に困難であり、日本では成功を収めている大手企業なども魅力に気付きつつ参入しきれておりません。弊社は現地に協力企業を作ることで、インドネシアで即対応できる環境を整えることができました。

現在インドネシアでは、日本では流行が過ぎてしまっている商品などにも人気が高まっており、日本国内では在庫リスクになりうる商品がブームとなり人気を博すことも珍しくはありません。何がブームになるか、日本国内の価値観だけでは測りきれない未知数の可能性を秘めています。
今後は、ブームを起こせる可能性のある商材を扱うパートナー企業に対し、モールとして販売の場を提供するだけではなく、二人三脚でブーム商品を作っていきたいと思います。

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社Everentia
担当者名:佐々木千明
TEL:0359279747
Email:sasaki@everentia.co.jp