プレゼンテーションとは

プレゼンテーションとは、聴衆に対して情報を伝達する行為のことです。その種類は様々あり、規模別に考えると2〜3名程度に対して行う小規模なものから、数百名規模の前で行うものもあります。

プレゼンテーションで着目するのは、プレゼンターの動作や口調、資料のデザインなど表面的なものが多いかと思います。しかし、それと同等かそれ以上に重要なのはコンテンツやストーリーラインです。

一生懸命プレゼンの準備をしたが、失敗したという声を人の話をよく耳にします。
その準備内容を聞くと原稿を用意し、それをスームズに話せるようになるまで反復練習するというものです。

このような反復練習も重要なのですが、本当に効果的なプレゼンテーションを行いたいのであれば、その前段階から工夫する必要があります。

それでは上手なプレゼンターはどのような準備を行っているのか紹介していきましょう。

プレゼンテーションの準備

プレゼンテーションは以下のような順序で準備を進めていきます。

  1. 目的の設定
  2. 事前調査
  3. ストーリーラインの検討
  4. プレゼンテーション資料の作成
  5. 構成の見直し
  6. 予行練習